8:30〜18:00
土日祝・年末年始を除く

コラム

2021.11.03

【離婚】配偶者の浮気・不倫を見つけた!どうすればいい?


「配偶者がどうしても許せないので離婚したい」

「きちんと責任を取って慰謝料を払ってほしい」

 
配偶者の不倫・浮気を見つけたら冷静ではいられなくなってしまいますよね。

しかし、落ち着いて準備を進めることがスムーズな解決への近道となります。

今回は配偶者の不倫・浮気を見つけたらとるべき行動についてポイントを押さえて解説していきます。

(1) 自分がどうしたいか決めておく

・不倫をしている配偶者と離婚したいのか
・不倫相手からも慰謝料をとりたいのか
・離婚する場合は、親権や養育費、財産分与はどうしたいのか

今後の人生をどうしたいかというところまで考えて決めなければなりません。

もちろん相手があることなのですべて思い通りになるとは限りませんが、自分がどうしたいのかを紙に書き出してまとめておきましょう。

(2) 離婚の原因となる証拠を集めておく

離婚の意思を早く伝えたくなる気持ちはわかりますが、必ず十分な証拠集めを終えてから、話を切り出しましょう。

裁判になった場合には配偶者の不倫・浮気の証拠が必要ですし、離婚協議の際にも有利な離婚を実現できるかは証拠の有無によって決定づけられます。

直接的な証拠を集めることは難しいため、間接的な証拠でも複数あれば不貞行為として認められます。
できるだけ複数の証拠を集めるようにしましょう。

 証拠となるもの 
【配偶者と浮気相手とのSNSでのやり取り】
「好き」「愛している」などと言い合っているやり取りや、性的関係をにおわせるようなやり取りは役に立ちます。
もし見ることができた場合には写真等を撮っておいてください。

【配偶者と浮気相手が二人でいる写真、動画】
浮気現場を撮影したり、ビデオに撮ったり、音声を録音したものは大きな証拠となります。
探偵等に依頼して入手することが多いでしょう。

【配偶者本人が浮気・不倫を認めた音声】
夫婦間の話し合いの中で配偶者が浮気・不倫を認めた音声も証拠となり得ます。
離婚を切り出した後では警戒されてしまうので、その前に録音しておくとよいでしょう。

(3) 時系列や登場人物を整理してまとめておく

いつなにがあったかを時系列にまとめたメモや登場人物の基本情報を整理したメモを用意しておきましょう。

場合によっては証拠として認定される可能性がありますし、弁護士に相談する際にも話がスムーズに進みます。

配偶者の浮気・不倫のケースでは、ご自身で対応していると、心身ともに疲弊してしまうこともあるかもしれません。

弁護士に依頼すれば相手方との交渉や連絡は全て引き受けてくれるので、不倫をした配偶者に会う必要はありません。

また、裁判では代わりに出廷してもらえるので仕事に支障が出なくて済みます。

ぜひ一度、弁護士にご相談ください。